本日でいう国際成婚ほど

NHKの新しいドラマの主役だ、卯野め以子役の杏さんは、NHKドラマ「食物さん」のみどころをレポーター面接で次のように話していました。
「舞台は明治や大正の和風ですから、大阪のヒューマンといった東京のヒューマンが結婚することは、本日でいう国際成婚くらいに文化の違いがあると思いますので、その点を興味深く装いたらグングン楽しめるだ」
主役以外、他の登場ヒューマンの解説などもNHKの考えで見られますので、趨勢、「こっち見て!MOVIE」をチェックしてみてくださいね。

「食物さん」は、スクリプトなしで、人気の虎の巻家である、森下桂子さんが手がけておるドラマですから、チャットも楽しめそうです。
大ヒットしたドラマ「仁」を書いた虎の巻家屋ですから、「食物さん」も命中確定と言われています。
前作、NHKドラマの「あま君」も可愛い視聴パーセントでしたから、それに続けという心配でしょうが、森下さんの虎の巻ならセキュリティでしょうね。
前編は東京の暮しからはじまり、主役の卯野め以子が、洋食レストランを経営する自宅で育つ調子からツアー受けるようです。
こうして、成婚後、大阪に転じ、そこからが「食物さん」のメインとなってきます。
主役は、きびきびの東京ヒューマンであり、グングン、小さい内から洋食の風味で育ったことから、大阪の風味とのズレに奮闘するのですが、食文化の違いを埋めていくことは簡単なことではありません。
大阪の客にとっては、大阪弁で繰り広げられるNHKドラマは親しみやすいですから、大阪での視聴パーセントも期待できそうですね。

NHKドラマの「あま君」が空前の大ブームとなっていますね。
なんと言っても、主役のアキ君が良いではありませんか。
あのなまった話し方が、おもしろくて子供たちも思い切り真似をするそうです。
主役のアキ君は、ノンプロっぽくて、自然体で、遅まきながらキュートで、あたしはこのドラマが大好きですが、あたしと同じように主役の女優さんを気に入って、毎回、ドラマを見続けているという方も多いと思います。
驚いたときに方言で「じぇじぇじぇ!」という「あま君」のなかの言葉も、社会現象になった今日、次のドラマを操るNHKはどんな手を打って来るのでしょうか。
「あま君」がこれだけ有名になり、知名度も上がったNHKドラマですから、次に来る品物は心配だ。

注目されている次回のNHKドラマですが、名は「食物さん」という食を題材にしたダイアログで、舞台は大阪だそうです。
「食物さん」の主役には、注意絶頂内の杏さんに白羽の矢が立ったという点も注目されています。
NHKお決まりのひよっこ俳優オーディションが実施されなかったわけで、NHKドラマとしては、誠に珍しくオーディションナッシングによるキャスト要素となりました。
そして、気になる題材ソングを為し遂げるのは、菅野よう子さんです。
「食物さん」の音響全体を菅野さんが担当することが提示されましたが、みなさんも驚いたことでしょうし、追随の人物は恋人がずっと活躍できるフィールドが出来て喜んでいらっしゃる。